外国人技能実習の企業単独型について

日本で技術の修得を行い、ここでの技術を母国の発展のために寄与できる制度に外国人技能実習制度があります。

制度では外国人の受入に対して2つの方法を設けており、その中の1つに企業単独型と呼ばれる方法があります。

カンボジアの人材派遣の情報サイトが便利です。

ここでは外国人の受入を行うにあたって様々な条件を定めており、受入企業にはその内容対しての順守が求められることになります。まず、受入対象者の範囲としては、日本の公私の機関と関係のある外国の事業所の職員となっており、事業所の内容としては、日本企業の支店や子会社、合弁会社などや、他に取引上の形態によってもその基準が定められています。受入要件としては技能実習生に係る内容と、受入機関に係る内容の2つがあり、実習生に係るものとしては、1つ目には海外支店等の職員で、事業所からの転勤や出向の形態であることが定められています。

外国人技能実習生で快適な暮らしを実現しましょう。

次に、修得技術等が単純作業でないことや、18歳以上で帰国後に修得をした技術等が活かせる業務に就く予定があることがあり、他にも労働に関しての契約や法律の順守を行うことが求められています。

機関に係るものとしては、日本語や日本での生活に関する知識、また、滞在や技術修得に関しての法律的な内容や知識に対しての講習を行うことが定められており、実習生の指導員や生活指導員の配置、報酬や宿泊施設の確保、社会保険への加入などに関しての対応も必要となる内容となっています。
企業単独型での受入人数は50人以下の企業の場合には3人以下、それ以上であれば、6人、10人、15人となっており、301人以上の企業では常勤職員数の20分の1が技能実習生の受入限度数となります。