一戸建ての固定資産税について

一戸建て住宅やマンションを所有する事で固定資産税を納税する義務が生じますが、固定資産税は毎年1月1日に住居を所有している場合に税金を納める事になるのが特徴で、前の年の12月31日に所有権を移転しておくと、固定資産税は課税されない事になるのです。

固定資産税は住宅の評価額や土地の評価額で税額が決められるのが特徴で、一般的にはマンションよりも一戸建て住宅の方が多くの税金を納税する事になるのが特徴です。これはマンションの場合の土地の所有権というものが区分所有権と呼ばれるものであり、専有面積の割合で土地の持分が決まる事からも土地にかかる課税率が低くなるからなのです。

高石の新築に関するお役立ち情報サイトです。

マンションの場合は、広大な敷地に建設されていても、専有面積の割合により土地は細かく権利が分けられてしまうため、土地を自由に利用する事は出来ません。

明日に役立つ泉大津の分譲住宅の情報をご紹介します。

一戸建て住宅の場合は、建物が寿命を迎えた時には解体工事を行って既存の建築物を取り壊し、新しい家を建築する事で再び土地を利用する事が出来ると言うメリットが有るのです。



そのため、固定資産税の納税額は高くなりますが、土地を自由に利用することが出来ると言うメリットを持っているのです。